進む薬局のM&A!薬剤師バイトといえども職場選びは慎重に

薬剤師バイト → 薬剤師バイト:選ぶべきはチェーン店か個人薬局か?

薬剤師バイト:選ぶべきはチェーン店か個人薬局か?

薬剤師の勤め先で一番多いのが、言わずもがな薬局です。薬局の中でも、処方箋を受けて薬剤を調剤する「調剤薬局」が最も多いでしょう。調剤薬局は大きく分けてふたつの経営パターンがあります。ひとつが大手チェーン薬局、もうひとつが個人経営の薬局です。就職するなら、もしくは転職するのがどちらがいいのでしょうか。
薬剤師 アルバイト

ずばり、今は「大手チェーン薬局」がいいと言えます。というのも、現在調剤薬局の世界ではM&Aが進んでいるからです。M&Aって何?って思った方のために簡単に説明しますが、ずばり「買収と合併」を言います。

つまり経済力のある大きな薬局に小さな薬局が買われたり、吸収されているということです。これは調剤薬局の世界に限った話ではありません。一昔、製薬業界で起こったそれと同じように、調剤薬局でいままさに起こっているのです。

個人経営の薬局に勤めると、当然今後M&Aの対象となる可能性が高くなります。小さな企業に入って、M&Aで大きな企業の一員になれるならラッキーと思う人もいるかもしれません。しかし大抵の場合、買収や合併された方は不利な扱いを受けることが多いです。

転勤がないと思って個人経営の調剤薬局に入ったのに、M&Aにあった途端、突然遠くのチェーン店に異動させられたり、待遇が悪くなったりということもあります。もちろん待遇などがよくなることもあるでしょうが、合併後のリスクを考えるのであれば大手チェーン薬局に勤めたほうがいいと言えるでしょう。

これまでは大手チェーン薬局は都市部で展開することが多かったのですが、都市部では薬局が飽和状態になってきたこともあり、今後は地方での展開も予想されます。地方の場合はまだ薬剤師不足のところもあって、待遇がいいところが多いのですが、大手チェーン薬局が進出してくればどうなるかわかりません。

個人経営ならではのアットホーム感や地域密着など、独特の魅力があるのも事実です。ですが、世の中の状況に目を向け早めに行動する、予想を立てていくことが大切になってくるでしょう。

薬剤師の資格:精神科専門薬剤師

精神科の薬物療法のスペシャリストとして活躍するのが精神科専門薬剤師です。精神科専門薬剤師として活躍するには、精神科薬物療法の知識を習得するだけでなく、精神疾患そのものや精神保健福祉など領域全体を理解していることが大切です。

時には医師や看護師、医療スタッフ、一般の薬剤師に知識を提供したり、指導したりすることも必要になるでしょう。精神科治療の特徴はチームを組んで行うことです。薬剤師も当然そのチームの一員となります。

精神科専門薬剤師の場合は、医師が処方する薬剤について共に考えることが大きな役割となります。精神科領域の薬剤はその効果だけでなく、副作用にも十分な注意を払わなければなりません。そもそも副作用が出やすい領域であること、効果が出る半面、精神科特有の症状や行動が表れやすいことなど多岐に渡るケアが必要です。

さらには患者そのものへのケアのほか、それを支える家族へのケアも必要になってきます。このように精神科専門薬剤師には、医薬品そのものへの知識のほか、他の医療スタッフ、患者、患者の家族とのコミュニケーションをはかる能力も求められるのです。

またひとことに精神科といっても、病態や症状などは様々です。器質的なものから、統合失調症、気分障害、神経症性障害、ストレス関連障害、身体的要因、生理的障害など、ひとつに絞れないことも少なくありません。対象も小児から成人と幅広く、高い専門性が求められる仕事なのです。

精神科専門薬剤師になるには、関連学会の会員であるとともに、学会での発表が3回以上、学術論文が2編以上なければなりません。所属長の推薦が必要なほか、日本病院薬剤師会による認定試験への合格も必要です。

大変な道のりではありますが、うつ病など精神科領域の問題が増加傾向にある日本では、今後必要とされていく存在に他ならないでしょう。興味のある方は日本病院薬剤師会のホームページで詳しい内容を知ることができます。

薬剤師の関連記事

ブランク、家庭優先OK!―薬剤師専門転職情報サイト

病院薬剤師と保険薬剤師の違い

保険薬局とはどういった薬局か薬剤師は理解しておこう