転職先に悩んでいる薬剤師さんは必見です!

ブランク、家庭優先OK!―薬剤師専門転職情報サイト

ある期間仕事を休むことはどんな資格を持っていてもあり得ることで、薬剤師も例外ではありません。特に女性なら、結婚や出産あるいは介護などでそれまで勤務した職場を休職あるいは退職せざるを得ないというケースもよく耳にします。

それ以外にも、夫の転勤などといった家庭の事情や自分の体調が悪いなどで仕事を続けられないという場合も考えられますね。しかし、その後そういった諸々の事情が一区切りついたら、また薬剤師に復職したいという希望を持っている人もたくさんいるでしょう。

では薬剤師として復職しようと考えた場合、どのような就職活動をするでしょうか?当然、家庭の状況や自分の健康状態によって求職の条件が色々と出てくるのは仕方のないことです。

薬剤師の活躍の場は病院や調剤薬局ばかりではなく、製薬会社、ドラッグストアなどもあります。製薬会社ではどちらかというと営業的な仕事での求人が多いので、フットワークの軽さが求められます。

さらに、フルタイムかつ時間外勤務が問題なくこなせることが求められるでしょう。フルタイムの勤務が可能であれば、病院での勤務も視野に入れて考えることができます。 まずは家庭生活を優先したいという場合には、調剤薬局やドラッグストアが適しているかもしれません。

なぜならこれらの職場には、いろいろなパターンの働き方を設定しているところが多いからです。特に小さい子どもがいる家庭であれば、家事や保育園の送迎などに時間が必要なためフルタイムや時間外勤務、夜間の勤務は難しいといえます。

また、土日や祝祭日などは家庭で過ごす時間に当てられることが望ましいのではないでしょうか。私生活中心の勤務時間だったり、通勤時間など、希望する条件に合致していることが復職先を探す大事なポイントになります。

細かな条件にマッチした職場となると、公開されている求人情報ではなかなか難しいかもしれません。では、どうすればいいのかというと、薬剤師のための転職情報サイトを利用すればいいのです。

このような専門の情報サイトには、非公開案件が数多く集められておりそのサイトに登録した人しか知ることのできない情報を優先的に得ることができるのです。

そのうえ、アドバイザーなどのスタッフが就職先との交渉、面接日の調整やセッティング、履歴書や職務経歴書などの記入方法、悩み相談など色々な面でのサポートをしてくれます。サポート費用はかからず、サイトへの登録も無料。妥協せずに理想的な職場を見つけるには、薬剤師のための転職情報サイトがおすすめです。

↑ PAGE TOP