仕事内容の違いについて見てみよう!

病院薬剤師と保険薬剤師の違い

薬科大学や大学の薬学部で正規課程を6年間履修し単位を取得すれば卒業できます。 薬剤師国家試験の受験しかくができて合格すると<薬剤師>になれるのです。

例えば製薬会社での薬剤師は薬が開発される段階から患者様の手元に薬が届けられるあらゆる局面で関わりをもっています。薬剤師の業務はとても幅広いと言えるでしょう。

薬剤師の就職先の主なものをあげてみましょう。 ・製薬会社……新薬開発のための実験や研究をする薬剤師やMR(医薬品情報を提供したり副作用情報を収集したりする)。 ・病院薬剤師……病院やクリニックなど医療機関で働く薬剤師。 ・保険薬剤師……保険調剤薬局で働く薬剤師。 ・行政機関……水道局・保健所などの公的機関で働く薬剤師。

上記のように薬剤師資格があれば就職先の選択肢はとても広いです。 しかし、公的医療保険が適用される調剤業務ができるのは「保険薬剤師」に限定されます。

例外があって病院やクリニック内の薬剤部などで働く病院薬剤師は保険調剤を行う場合でも保険薬剤師登録は免除されています。病院やクリニック以外の保険調剤薬局で仕事をする場合のみ保険薬剤師登録申請をしなければならないということです。

ここでは病院薬剤師と保険薬剤師の違いをご説明いたしましょう。 薬の説明や指導・調剤業務に関しては業務に違いがありません。

まずは病院薬剤師についてです。 病院やクリニック内では医師の指示に従って仕事をすることのなります。 「入院病棟」と「外来」の2パターンの患者様をケアしますから投薬の管理方法も異なります。

医療の現場を目の当たりにする職場環境です。 指し先端の医療に触れることもあります。 病床の患者様の病状を観察しながら指導するケースもあります。 点滴や注射の調剤業務もあるでしょう。

次に保険薬剤師についてです。 こちらのほうは病院とは独立した医療提供施設の保険薬莢での勤務です。 薬剤師が中心となって運営されています。 医師から出された処方箋をもとにして保険調剤業務を遂行いたします。 調剤料の点数算定方法や解釈の仕方も一人でしなければなりません。

請求までの一連の手続きが一人でできなければ業務はまわりません。 介護保険や健康保険の基礎知識も必要になってきます。 患者さまからの質問にも正確に答えなければなりません。 薬の説明は当然ですし金額の説明も丁寧に答えられる知識が必要です。

業務面以外にも取り扱い医薬品にも違いがあります。 病院薬剤師の場合は「麻薬」「麻酔薬」「抗がん剤」などの取り扱いもあります。 病院やクリニックで使用される医薬品と病院外で処方される医薬品は種類に差が出てきます。

以上、病院薬剤師と保険薬剤師の違いをご説明いたしました。

↑ PAGE TOP