みんな保険薬局にお世話になっています

保険薬局とはどういった薬局か薬剤師は理解しておこう

薬剤師の就職先で一番多いのが調剤薬局です。 調剤薬局には保険薬局(保険調剤薬局)と呼ばれる種類があります。 保険薬局とはどういった薬局か薬剤師は理解しておかなければなりません。

薬局の中でも健康保険や社会保険などの保険を適用して調剤できる薬局を保険薬局(保険調剤薬局)と呼んでいます。保険薬局になるには厚生局で保険指定を受けなければなりません。 実際に運営するには指定を受けるだけではいけません。

調剤を行う薬剤師も保険薬剤師登録をしておかなければ調剤業務ができません。 保険調剤薬局は独立した医療提供施設であることが求められ独立した建物である必要があります。 人員面からも会計面からも他の医療機関とはっきりと区別されている条件を満たさないと許可されません。

保険薬剤師は保険を適用された調剤をします。 当然ながら「保険点数計算」や「保険請求手続き」業務も発生します。 保険調剤薬局でない薬局の場合はOTC販売や調剤はできますが保険調剤はできません。 保険調剤薬局の場合は、保険調剤もできますしOTC販売として大衆薬も販売できます。

【薬局】という名称は決められた調剤室があり薬剤師が医師の処方せんに沿った調剤がでいる場合に利用できる名称です。それ以外のドラッグストアでは【薬局】という名称をつけてはいけません。 だから「××ドラッグ」とか「××薬店」という屋号になっているのです。

保険薬局は<門前薬局>のイメージが強いです。 医薬分業が進みましたから病院やクリニックの医療機関が新しく開業すると隣接して薬局がどんどんできたからです。最近では医療機関に隣接していない<町の薬局>も保険指定を受け保険調剤を始めているケースが増えています。

ドラッグストアは一般医薬品のみならず日曜費・美容商品・健康食品などを取り揃えています。 こういったドラッグストアも保険指定を受けて店舗の一部で保険調剤をするパターンが増えてきました。 「調剤併設型ドラッグストア」など保険薬局の増加によって保険薬局も飽和状態になりつつあります。

競争が激化してサービス合戦や差別化が勝負になってきています。 より安価なジェネリック医薬品の提案もそのひとつです。 保険薬局は複数の病院やクリニックや診療所で処方された薬を一括管理する<かかりつけ薬局>という概念を取り入れて患者様の囲いこみ競争になってきています。

↑ PAGE TOP